FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/29(水)   CATEGORY: 日記
自馬の費用
領収書を整理していたら、今まで馬にかかった医療費やら装蹄代やらの領収書が出てきました。

◆マロン(2007年10月~2009年2月):
 医療費
  予防接種と駆虫  5,500円
  お腹に石がたまったときの治療費  注射や投薬4日間で、58,500円(!)

 装蹄費
  4肢12,000円×4回=48,000円
  前肢7,000円×数回(領収書が一部紛失)=20,000円前後かな?  

◆ゼット(2009年4月~現在):
 医療費
  予防接種と駆虫(1年分前払い)  10,000円
  去勢手術代  45,000円

 装蹄費
  前肢7,000円×1回  7,000円



ん~、全部でいくら?
気になる方は計算してみてください(笑)
まだ2年たってない状態で、しかも、これ以外に毎月の預託料(私の場合は6万円)がかかります。

馬ってお金かかるんですね!

って、当たり前ですが。


でもね、考えてみれば、体重4~5kgのネコの去勢が、地域や獣医さんにもよりますが2万円前後ということを考えれば、その100倍の体重の馬が45,000円って、これはかなり安いと思います。正直「えっ、そんなんで済むの?」とびっくりしてしまいました(^^;

まぁ、技術代と考えれば、大きさは変わらないのかも?でも、大型犬なんて5万とか取られるって聞いたこともあります。

それに、犬猫の医療費も、さすがに注射と投薬4日で6万円はないですけど、獣医さんによっては結構かかりますよね。馬の預託料にはエサ代も入っているわけで、なので、場所をよく選べば、そして、ブランドものの買い物とかイイ車を持ちたいとか海外旅行とか賭け事の類をしないのであれば、費用だけ言えば、馬もけっこう持てなくはないのかなと思います。

もちろん、軽薄な気持ちでは、ねずみ一匹さえ飼ってはいけませんけどね。

うちは、旅行もしないし遊びにも出かけないし、車は中古の軽、服や装飾品にもたいして手を出さず、お金のかかる趣味もなく、たまの余暇といったらDVD借りてきて見るくらいで、なので夫婦共働きで大変とはいっても、犬猫40匹プラス馬、でもなんとかやっていけてます。


動物と暮らしたいと思ったら、自由に旅行や遊びに行けないのも喜んで受け入れる!気持は大事でしょうね。
スポンサーサイト
page top
DATE: 2009/07/29(水)   CATEGORY: 日記
馬より難しいのは人間
あーあ、すっかりブログがご無沙汰してしまってます(。´Д⊂)

レスキューして1週間、例の子は牧場にて、とりあえず元気に過ごしています。

レスキュー自体、本当に大変で、オーナーさんの考えられないような努力と気力があってこそ叶ったものでしたが、たとえば過去にその馬に関わっていた人、レスキューに力を貸してくれた人や反対していた人なども含め、人というもの、あるいは人との関わり方いうのは、「命を助ける」という行為そのものよりも大変なような気もしている今日このごろです。プロジェクトを立ち上げる際に、ある程度はもちろん覚悟していたのですが。

信頼できる人、本当に馬を思ってくれている人は誰なのか、見極めることの大切さを強く実感しています。


そんなこんなでプロジェクト自体は今はちょっと足踏みな感じです。これも必要な「オフ」期間だと思って、また体制を整えたいと思います。

いっぽうで、馬たちがお世話になっているホースパラダイス群馬さんでは、本格的に「共同自馬制度」に力を入れ始めています。もともとは、わたしがプロジェクトへのご協力をお願いした際に賛同していただいたものではありますが、ホースパラダイスさんのほうとしても、もともと牧場で飼養してきた馬たちも含めて、もっと積極的に「馬を助ける」システムを確立していきたい、とのお話でした。

わたしのプロジェクトそのものは中休み中ですが、ホースパラダイスさんの共同自馬制度はそのまま計画を進めていかれることになっていますので、関心がおありの方はぜひお問い合わせください


レスキューでバタバタしていたせいか、先週はゼットはちょっとスネ気味でした(笑)
なので昨日行ったさいには、短い時間なりにベタベタかわいがってきました。帰り際、「もう帰るの?」と、ずっと馬房から顔を出して私のことを目で追っていた姿がかわいかったです
page top
一安心
昨日は、レスキューした子を牧場でお迎えし、馬運車に同乗されて20時間!!かけていらしたオーナーさんとも楽しい時間をすごさせていただきました。

これでやっと、正真正銘のレスキュー成功。オーナーさんも無事帰路につかれて、一安心です。
詳しくはまた書きますね(っていつもこれですみません;;)。

馬を思って行動しているのに、会ったこともない人や手を貸しもしない人からいわれもない誹謗中傷を受けることもありますが、めげずにこれからも頑張っていきたいと思います。
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。