FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/29(木)   CATEGORY: 日記
ちょこっとお知らせ~
以前お世話になった「ホースパラダイス群馬」さんの新サイト制作を依頼されていて、10月1日に晴れてオープンしたのですが、このたび、「新しいメニューや制度にやはり不安が残り、見直しが必要」との理由で、結局もとのホームページに戻すことにされたそうです(^^;

なので、新サイトは残念ながら削除になりますーうるうる

一度こちらでも新サイトのURLをご紹介したので、ここ経由でブックマークしてくださった方もいらっしゃると思うので、一応お知らせ。

クライアント側の意向なんで仕方ないですが…ドメイン取得してサーバー借りるとこから、かなり時間かけてパーツ作ったり写真編集したり、文章も全部考えて…精魂こめて創り上げたサイトなので、それを自らの手で削除するのは、やはりなんとも切ないですね…

トップの写真とか各ページの挿入写真とか、けっこう気に入ってたんだけどなー(まぁそれは創り手の親バカにすぎませんが・笑)

あと数日は残ってますので、供養に見納めしてやってください(涙)

削除予定の新サイト→ http://horseparadise.jp/

元に戻る旧サイトはこちら→ http://www.horse-para.com/


スポンサーサイト
page top
DATE: 2009/10/28(水)   CATEGORY: 日記
ネット開通&お風呂記念日
おとといの晩やっと!無事ネット開通しましたきゃー

長かった~携帯生活(笑)

でも右手のキータッチが… IのキーとOのキーを両方中指で押さなくてはいけないのが悔しい;;あと句点と読点、カンマとピリオドとか。でも携帯をちまちま打っているよりはまだいいです。

それと、昨日やっと自宅でお風呂に入れるようになりました!

実はこの物件、【お風呂のない家】だったのです(^^;

BEFORE
bathroom_bf.jpg



     ↓  ↓  ↓



AFTER
091028_1154~01


当初は、片付けなど落ち着くまでは、車で10分ほどの町にある銭湯へ通うつもりでいたのですが、わたしたちが引っ越す直前に、蛭川さんが「遠方から引っ越してきて銭湯通いではあんまりだから」と、普段お仕事で馬たちを洗うのに使っている給湯器とガスボンベを貸してくださり、その上、うちの倉庫に(なぜか)転がっていた古い浴槽を設置してさらに簡易の配管までしてくださって、お風呂を使えるようにしてくださったのです涙(感涙)

おかげで、引越し翌日から数日は自宅でお風呂につかることができました。

その後は1週間くらい買い物ついでに銭湯に通い、そして昨日、ガス屋さんが一日がかりで工事して、晴れてガス給湯のお風呂ができました。

シャワー部分だけが欠品していて取り寄せ中なので、そこはまだホースですが、その辺はご愛嬌…(^^

蛇口をひねれば、お湯が出る!あぁ幸せ~

引越し前はお風呂全体をリフォームすることを考えていたのですが、それだと思っていたよりもかなりお金がかかる見積もりで、これからの冬でどんな予想外の出費があるか分からない状態なので、しばらくはこの【倉庫になぜか転がってた浴槽】君にお世話になります~(笑)


役場への届出関係や、電話、ネット等の住所変更やら各種設定もなんとか終わりまして、やっと少し落ち着いてきそうです。

関係ないけど、主人が役場で水道料金だかの口座引き落としの話をしていて、「ジャパンネット銀行は使えますか?」と聞いたら、役場の方、「そっそれは…外国の銀行ですか??汗」と返答したそうです~
役場の人がジャパンネット銀行を知らない地域………うーん、田舎暮らし満喫!笑


馬たちにもいろいろ変化があったので、また後ほどアップしますね。


page top
DATE: 2009/10/23(金)   CATEGORY: 息吹
息吹、返事をする!
昨日の集牧時のこと。
放牧場の入り口からは見えない、家の裏の草地にいた息吹を、いつものように呼びました。

「息吹~!ごはんだよ~
い~ぶ~き~~!」

そうしたら、なんと、

ヒヒヒヒヒン!

と、息吹が返事をしたのです(;□;)!!

馬に呼びかけて、いななきで返事をしてもらったのは生まれて初めてです…(遅い?)。

いなないてから、いつものペースでゆったりゆったり帰ってきた息吹。

決してベタベタするタイプじゃないけど、「家族」と実感させてくれました。

こんな馬が農耕馬として家にいてくれた時代は、それだけで豊かな気持ちになれただろうと思います。
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。