FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/07/22(木)   CATEGORY: 日記
「うちでは馬は経済動物ではありません」
今日、また、例のおやじたちの一人がやってきた(`Д´)

そう、馬=カネの、お目目が¥マークのおやじ。息吹の前オーナーHもその一人であり、今日来たのはHの仲良しさん。この人は今日で2度目。

以前も(そしてその前もHを通じて)

うちはカネのために馬を売ることはしない。子馬も母馬も売らない。

と言ってあるのに、懲りずにやってきた。


わたしはあいにく仕事の真っ最中で手が放せない状態だったため、主人に応対を頼んだ。

「子馬の血統登録はしたのか?」

「売らないのか?」

から話は始まり、なんとかその気にさせようと?いろいろ言ってきたそうな。

まぁこのへんは毎度の流れで(笑)、こちらもさすがに慣れているけれど、今日はおやじ、けっこう強気で「売れ」と。

「馬はなぁ、経済動物なんだぞ?売って金にしなければ…」

存在価値がない、と言いたいらしい。


それに対して我が夫は、

「うちでは馬は経済動物ではありません」

と答えたそうだ。


後から聞いて、思わず「よくぞ言った!」と褒めてしまった(笑)


この辺、少なくとも、我が家に出入りする重ばん馬の生産・畜産関係者たちの間では、趣味(乗馬とか)やペットのつもりで馬を飼う人はポニーやサラブレッドで、ばん馬を持っているということは、イコール経済活動に参加するもの、という認識らしい。

だからベルやゼットには見向きもしない代わり、息吹とアンヌには異様に執着。。

そして、我が家もなんだかんだ、いずれ何らかの形でカネにするつもりなんだろうと、思われるらしい。

「うちでは死ぬまで大事にします」

と何度も言っているのだが…
そういう“やさしい”情緒的な表現は、フィルターアウトされてしまうようだ。


が、さすがに今日の夫の一言、

うちでは馬は経済動物ではない

は、ガツーンとストレートに響いたらしい(^^)v


主人にこの一言を言われて、おやじはまさか?という顔。

「なんだぁ?じゃぁ、馬に自分の金かけて、死ぬまでここで飼うって言うのかぁ??」

「はい、そうです」

「もしこの先また子馬が生まれて増えたとして、それもみんな、売らないで死ぬまで飼うのか???」

「そのつもりです。…もし自分たち以外で、馬が好きで同じように死ぬまで大事にしてくれるっていう人がいれば、その人になら、譲ることもあるかもしれませんけど」


こうやって、まったく異なる価値観をストレートにぶつけた時、腹を立てたりすねたりして背を向ける相手もいる。

が、中には、こちらが「腹を割って真実を話した」ことで、かえって話しやすくなり、自分のほうもすっかり本音を吐いてスッキリしてしまえる人もいる(笑)アンヌの父馬の馬主さんがそうだった。

今日来たおやじもどちらかというと後者だったようで、この会話をして豪快に笑い、目を上げて天を仰ぎ、


「 はぁ~…そうかぁ~…

そんな飼い方が、あったかぁ~…
 」


と感心したようなため息をついた。

そして、

「じゃぁもう、いくら売れって言っても無駄だな(笑)実はな、もともとこの家を(息吹の前オーナー)Hに紹介したのも俺なのさ。で、いずれ、この子馬を欲しくて、母馬ごと買い取りたいと思っていたのさ。子馬は例の種馬(アンヌの父馬)の初産駒だから、その分高く売れるんでな…」

と、自ら“種明かし”をした。ここでは書けない、貴重な情報も、いくつか(笑)。多少、悔し紛れもあったのかもしれないが…(^^;


「相手に向かって、相手とまるで違う価値観をぶつける」というのは、タイミングは確かに大事だけれども、たいていは、そのきっかけは向こうからやってくる。

今回こうやって本音を言い合えたことで、先方もこちらも今後はへんな腹の探りあいをする必要もないし、おかげで今までよりはるかにすがすがしい気持ちで付き合える。


心が広いようで実は偏狭な人もいれば、古くて狭い価値観にどっぷりつかっていながらも、機会さえあれば思いがけずオープンになれる人もいる。

けれどその辺は、ぶつかってみないと分からないことでもあるから、ある意味「賭け」だ。でも、嫌われたくない一心でビクビクするより、機会が訪れたなら思い切ってぶつかることのほうがよほど意味があるし、それがまた、人間関係の妙味でもあると思う。


もちろん、これからこのおやじとどこまで付き合うかは未知数だし、仲良くしてほしいということもない。先方は帰り際、しきりに「うちへ遊びに来い」と言っていたけど(笑)

とりあえず今日のところは、災い転じて吉、としておこう(^^ゞ


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


ここのところまた、仕事が立て込んでいましたが、数日33度とか34度の猛暑が続いたと思ったら、昨日からまた肌寒いくらいの涼しいお天気。気温差は10度以上(笑)昨日息吹の塗り薬を持ってきてくださった獣医さんは、「これが北海道の夏の特徴なんだよ~」とおっしゃってました(^^;


写真は先日の猛暑日、厳しい夕日に照らされて黄金色に輝く息吹(^^*

黄金に輝く息吹!
posted by (C)paradisacheval


このあと移動する馬たちを2階から撮ったら、「ナショナルジオグラフィック」の野生馬特集みたい?(笑)

移動する馬たち1
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち2
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち3
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち4
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち5
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち6
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち7
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち8
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち9
posted by (C)paradisacheval
移動する馬たち10
posted by (C)paradisacheval

続きの写真はこちらでどうぞ(^^*
 ↓ ↓ ↓
http://photozou.jp/photo/top/529743


犂の話も頑張って今日中にアップするぞぉ~p(^^)q
…って、それより先に、ホースサポートの会計報告をしないとですね(汗

頑張りまーす。

応援クリック引き続きよろしくお願いします(*^_^*)
 ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ

携帯はこちらから♪
にほんブログ村


引退競走馬、引き取ります
関連記事
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。