FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【追記あり】息吹のバトン - レスキュー進行中!
※9/9(金) 現時点でのカンパ明細および合計追記しました。


またまたすっかりご無沙汰してしまい申し訳ありませんm(_ _)m

いつも気にかけていただいている我が家の馬たちの近況から…といきたいところなのですが、今日は現在進行中の馬レスキューのご報告と、緊急カンパのお願いを先にさせてください。

すでに「競走馬を救え!プロジェクト」公式ホームページ上とそしてツイッターでもお知らせをさせていただいていますが、現在、肥育場(肉用に馬を太らせる場所。屠殺の一歩手前)にいる一頭のサラブレッドを救出すべく動いております。

馬の名前は、ぼーちゃん(愛称)。まだ11歳の若い盛りです。

IMGP1696.jpg

経緯: 8月の下旬に、「引き取り相談フォーム」からご相談をいただきました。ぼーちゃんは数年前に競走馬を引退後、とある大学の馬術部に乗馬として入厩しましたが、肢の病気が発覚し、その後も紆余曲折をたどりましたが、ついに8月の中旬頃に「出された」との情報が、相談者のTさんご夫婦のもとに入ったそうです。Tさんはぼーちゃんのことを競走馬時代から知っており、引退後を気にかけていらしたそうで、「なんとか命を救ってやりたい」とのことで、ご相談くださいました。

馬はいったん処分のために出されてしまうと、名前も、健康手帳も奪われて、「ただの馬」として事実上行方不明になります。そうなると一般には「探しても無駄」「間に合わない」「見つかりっこない」として諦めるように言われますが、我が家には同じように肥育場まで行って生きて戻ってきたビンちゃんがいますので、該当地域の肥育場と連絡先を一緒に探し、そしてTさんが毎日朝から、肥育場さんに片っ端から電話を掛けて回って、ぼーちゃんのゆくえを探してきました。そしてつい数日前に、奇跡のような偶然も重なって、ぼーちゃんの居所をつきとめることができました。

その後、ぼーちゃんの買取の交渉がなされ、肥育場さん側から提示された馬代と馬運車代と合わせると全部で50万円ほどになることがわかりました。Tさんは、「全額自分たちで用意します」とおっしゃっているのですが、実はTさんご夫婦はまだお若い新婚さんで、住居探しなどでバタバタし、経済的にも決して余裕があるわけではないその真っ只中にぼーちゃんのレスキューが入ったため、すぐにその全額を用意することができず、先方様に少し待っていただきながら、お金を工面すべく現在がんばっておられます。

とはいえ、肥育場さん側も、いつまでも待っていられるわけではありません。また、プロジェクトの引退馬引取りの条件では、引き取る際の馬代、馬運車代は相談者様が負担し、引き取り後の飼養にかかる費用を当牧場で負担する、ということになっているとはいえ、お若いTさんご夫婦の置かれた状況を考えたら、自分たちの幸せや将来のことだけ考えていてもおかしくないのに、そんな中で一生懸命、ぼーちゃんの命を救おうとこれだけのお金を用意しようとがんばっておられる、それを見てわたしは、皆で少しずつでもお金を出し合って応援することができたら、より早く、確実に、ぼーちゃんを助けてあげられると思いました。

そういう次第で、皆様に【ぼーちゃんレスキュー緊急カンパ】のお願いをさせていただきたいと思います。もちろん、Tさんご夫婦の了解はいただいております。

上記経緯をお読みいただき、ぼーちゃんの一刻も早い救出のため「応援したい」との思いにご賛同いただける皆様、お気持ちの分でけっこうですので、カンパにご協力よろしくお願いいたします。


thankyou.png
カンパの募集は終了しました。


公式HPに掲載したのは今日の午後だったのですが、もうさっそくカンパご協力くださった方々もいらっしゃって、Tさんともども、感謝感謝の一言です。ありがとうございます。

9月9日午前11時27分現在までに、皆様からいただいたカンパの明細は以下の通りです。
※なお、ご名義に関しまして、過去にホースサポートにてご寄付をいただいている皆様につきましては(別途ご指定がない場合は)ホースサポート明細上の表記をこちらでも使用させていただきました。

meisai.png

皆様の温かいご支援に、心から感謝申し上げます。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


ぼーちゃん、額からの大流星鼻梁鼻白と、それから膝下もソックスはいていて、なんだか息吹に似てるんですよ。

写真いただいたとき、「あ、この子、息吹からのバトンだ」って思いました。命のバトン。

息吹がなくなってもう5ヶ月になろうというのに、やっぱりなんだか、うじうじ気味のことが多かったんですよね。でも、ぼーちゃんのご相談いただいて、ぼーちゃんの写真見て、あ、わたし息吹に叱られてる、と、直感的に感じました。

「ばか!何いつまでもうじうじしてるの!あんたにはやるべき仕事があるでしょー!!!」

と。。。

そしてぼーちゃんがついに見つかったいきさつも、偶然じゃすまない偶然で、あ、息吹が天国で動いてくれてる…と思いました。


いい加減、シャンとしないとダメですね。



がんばります。





urgent.jpg

関連記事
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。