FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: 2011/09/28(水)   CATEGORY: 馬たち
最近の馬たち&ぼーちゃん近況
なんだかんだ間が開いております、すみません

こちらは実はなんとお盆以降ずーっと雨模様で、晴れても2日持たず、獣医さんも「こんな十勝は未体験」とおっしゃるほどぐずぐずとしたお天気が続いていました。
台風続きのあたりはとにかくすごい雨の量で、放牧地のあちこちに大きな池が出現…^^;

SN3G0959.jpg
左から、ビンちゃん、ゼット、ベル。

それが数日前からやっと、秋晴れらしいお天気を取り戻しまして、馬も人も植物も嬉々としております♪

当牧場の秋の風物詩?である雑草のタネを前髪にひっつけて、皆さんすっかり秋の装い(笑)

SN3G0964.jpg
クールに決めようとしてもぜったい決まらないゼット^^;

SN3G0963_0001.jpg
し、しまった、ベル、おなかにピントが合ってしまった…ごめんよ~

ねぇどぉしてアンヌはお家入れないの??
アンヌは長いまつげが少女マンガのキャラみたい( ´艸`)


そしてとうとう、イケメンのあのお方まで…

SN3G0981.jpg
ビンちゃん、寝起きの学生みたいな頭に^^;



そして、我が家に来てからはや10日が過ぎた、ぼーちゃん(*^_^*)

SN3G0969.jpg
ビンちゃんとは、近いような遠いような??笑
相変わらず微妙な距離感ですが、一緒にお昼寝したりしてますよ~(^^)

SN3G0963.jpg
そして夜は、ニャンコのように寝藁に埋もれて寝ています(ノω`)
寝藁には「ぼーちゃん型」が付いてます…


これは23~24日の写真ですが、
昨日のぼーちゃん(^^)ちょっと愛嬌も出てきました。
今日のぼーちゃん(^^)来たときに比べたらだいぶリラックスして、いいお...
来たばかりの時は泣きそうな表情をしていましたが、ちょっと愛嬌も出てきて、ずいぶんいいお顔になったでしょ(^^)

こちらは今日、アンヌと放牧中。
SN3G0985.jpg

実は3日目(21日)に獣医さんに来ていただいて健康チェックをしていただいたんですが、それまでは無口かけるのもおとなしかったぼーちゃん、獣医さん(白衣とかは着てないので普通のおじさんに見えます…って先生ゴメンなさい^^;)がいるのを見たとたん、「今度はこの人に売られるの?!」とばかりに無口するのを嫌がって、なかなかさせなくて…大丈夫、大丈夫、どこも行かないよ、と言い聞かせながら時間かけて、やっとさせてくれましたが、切なかったです(-ω-。)

肝心の健康面は問題なしで、出される原因となったはずの肢もちっとも破行もビッコもないしで、先生いわく「職業病みたいなもんだね。仕事やめたら治っちゃうってやつだよ」と。

ぼーちゃんは馬術部ではバンバン障害を飛び、競技にも出ていたそうなので、疲れもたまっていたのかもしれないですね。



ところで、毎日トレーニングや競技などで体を動かしていた人が急に運動をやめると、かえって体を壊したりすると言いますが、馬も、同じようなことはあります。もちろん、ぼーちゃんみたいに、どこかを痛めるまでになってしまったら休むのが当然なのですが。

競馬→馬術部と、アスリート生活を送ってきたぼーちゃんも、同じかもしれないと、来た翌日から調馬策で運動したり放牧場を一緒に走ったりはしていたんですが、気持ちが落ち着いたら今度はぼーちゃん、毎日わたしの顔を見るたび、「今日はこのあと何するの?」と聞くんですよね。

そうだよねー、放牧だけでのんびりするには年齢的にもまだ早いし、物足りないんだろうな~と。

そしてぼーちゃん、聞くんです。

「ねぇ、あなたは僕に乗らないの?」

と。

…うーん、乗らないといけない理由もないしねぇ…

「前は、僕はいろんな人をたくさん乗せていたんだよ」

…聞いてるよ~(^^)活躍してたんだもんね。

「みんな、僕に乗って嬉しそうだったよ」

…そうだろうねぇ(^^)

「じゃぁどうして乗らないの?怖いの?」

…いや、そういうわけでは…。

「僕、大丈夫だよ、怖くないから。ちゃんと乗せてあげるよ」

…うん、そうねぇ…


私はそもそも、知り合って間もない子に乗るなんて、どうしてもそうしなければならないような事情(思い浮かばないけど)でもない限りはしない主義で、しかもお恥ずかしながら貧乏で自分の鞍というのがないもので、乗るとしたら裸馬だし…笑

だからぼーちゃんも、運動が必要だとはいえ、乗るのはもう少し先だな~と思っていたのですが、、、

ぼーちゃん、すごく敏感で繊細な子だけど、なんというか、まっすぐにコミュニケーションしてくるんですよ。やさしい性格で、必要以上に自分を押さえ込んでしまうところはあるようだけど、でも、人間と馬のことを諦めていない。

それで私も、話してるうち、なんだか自然にその気になり…


じゃぁ、乗せてもらおっかな♪

鞍、ないけど(笑)

敷地内で常歩だけだから、ハミもいらないよね~…っと。。。





超軽くてやる気満々のぼーちゃん、合図要りませんでした(笑)抑えるだけ(^^)

歩いて付いてくる主人を待つのに、ちょっと止まっていると、「ほら、もっと、行くよ!」って気合入るんですよ~

なんだかいきなり、楽しい思いをさせてもらってしまいました。。。ぼーちゃんも楽しめていたらいいけど(*^_^*)
夕方で、ちょっと蚊が多くて、ごめんね~;;;

ありがとうね、ぼーちゃん!!!


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


人ぞれぞれ「好きな馬のタイプ」っていろいろあると思うんですが、私は敏感なイケイケ君が一番安心して乗れるので、その意味でもすごくありがたかったです。

ゼットみたいに、いつもボ~っとしてるタイプのほうが、よほどヒヤヒヤします。。。

「ほら、そこ、大きな丸太があるよ、よく見て!ゼット!聞こえてるか!気をつけてよ!」

「…ぅわ!!なんだこのでっかい丸太!!!どぴゅーーーん(すっ飛ぶ音)」

「だから言ったでしょっ!!」

「ハァ?聞いてねぇよ!」

…ってなりますからね。。。(=_=;



Tさんも、「乗れる限りはどんどん乗ってあげてください」とおっしゃってましたので、ぼーちゃん、これからも随時、乗り運動もしていこうと思います(^^)

路上にパトロールに出られる日も遠くないかも?^^



少し前になりますが、カンパの最終明細および総合計をアップしました。皆様のご支援、ご協力、本当にありがとうございました!
http://project.saltvalleyfarm.com/urgent.htm


関連記事
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ