FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今さらショックを受ける自分がバカなのか
最近、気づいたこと。

馬や、あるいは犬猫でもいい、

可愛そうな動物たちを助けたい場合に、人が、

「でも今はお金がなくて、これが精一杯です」

と言うとき、

それは、何ヶ月、あるいは何年か先までの自分の生活に必要なお金と、将来のためまたは万が一のための蓄えなど、

そういうものを差し引いて、「出せる精一杯」、という意味なんだ。

それが、常識なんだ。


わたしにとって、「精一杯のお金」は、自分にあるお金全部だったから、

自腹を切り続け、今現在、うちの銀行預金残高は6万円ちょっと。手元にあと2万円。

貯金は文字通り底を突き、

その月の仕事の稼ぎは、その月のうちになくなる。

これって、非常識だったんだな。



昨年の震災の後、仕事でメインの取引先になっていた会社が、

震災の影響で事実上倒産。

収入はがた落ちし、

自力で仕事を取るのに追われ、

昨年10月に車の車検に使うつもりでいたお金は、

馬も増えたし今年の冬は厳しいと聞いていたので、

急遽買うことにした牧草ロールに使った。

それまでわずかに余裕のあった貯金で切り抜けながら動物たちの世話をし、

とにかくその月の生活費を稼ぐのに必死でブログもかけなくなり、

それでも、黙って支援を続けてくださる方々のおかげで、

なんとか食いつないで来れた。



殺されようとしている馬たちを救うのに、

自分の命を懸けるのは当たり前だと思っていた。

でもそれってバカだったんだわ、つくづく。

わたしの価値観ってやっぱなんかおかしいのか。


ブログがかけないでいるとね、

「プロジェクトって偉そうだけど、やる気あんのか」

とか、

「支援が必要ならもっとまめにブログを更新しないと!」

ってメールがきたりする。

あと、良血馬の預託料で稼いでるんでしょ、とか。

良血馬って…ビンちゃんか…

ビンちゃんの「預託料」は、1万円です。

オーナーさんも仕事で苦労して、大変なんだよ。

馬を愛するという、お金のある人たちは、

「経済基盤が~」とか説教たれるだけで、一銭も出さない。

そんな世の中。

でもね、馬も犬も猫も、

人間が、「まずは生活基盤を」とか言ってモタモタしてるうちに、

その間に何百万頭って殺されてきてるんだよ。

お金の余裕があることが、動物たちを救うんだったら、

なんでこの何百万、何千万の子達は救われなかったのよ??

先々のお金の心配して誰も動けないから、

その間にどんどん、次から次へと動物たちが犠牲になるままだったんでしょう!

だから世の中変わらないんでしょう!


なんでこんなメールが来るんだろなーと悩んでたけど、

そっか。

馬助けるのに文字通り全財産つぎ込んで、なんて

世間は考えてないから、

きっとうちもそれなりの余裕はあると思われてたんだろうな。


やっぱなんかおかしいか、自分。
関連記事
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。