FC2ブログ
馬上の楽園
地上の楽園は馬の背にあり。-コーラン

»馬たちのリアルタイム写真 配信中«

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/02/17(金)   CATEGORY: Horse-Man-ship
【久しぶりに動画】馬のしつけ
昨日から持病?の神経痛で重い馬と化しているachevalです。。。

空気を変えましょう(笑)

たいした動画ではないんですが^^;

まぁお楽しみで。



馬…というと、犬猫と違い、日常触れ合うことの少ない動物。

たとえ乗馬クラブに行っても、どこか距離がある…

「ホースマンシップ」とか聞くと、なんだかさらに遠くに感じたり…苦笑

シロウトじゃ飼えないな…と。

でも考えてみれば、一昔前までは、どこの農家にも当たり前にいたんですよね。

私は東京の国立出身ですが、

父がよく、自身の子供時代の話で、国立の裏通りを、荷車引く馬と一緒に飲み屋をはしごする飲兵衛のおじさんの話をしていました。

まぁ当時の馬がサラブレッドでなかったのは確かですが(笑)

ただ、いろんな○○ホースマンシップというのが出回れば出回るほど、人と馬の関係は逆方向に行っている気がするんですよ。私は。

特に日本人は、馬との付き合い方は、本能的な部分なのか文化的なものなのか、はっきりとは分かりませんが、DNAにその「ハウツー」が入ってる気がします。

だから余計なテクやノウハウを仕入れたりしないで、素直に向き合ってみるのが一番うまく行くと思ってます。


よく、「塩谷さんは犬とか猫と暮らすみたいに馬と暮らしてる」って言われるのですが、

その風景を、地元の年配の郵便屋さんなんかには、

「懐かしい光景だ」

と言われます。

もちろん、馬を扱う上ではそれなりに「危険」もあります。

でもそれって、犬を飼うときもそうですよね。

権勢症候群(って今も言うのかな?)とか、ちょっとしつけ間違えば、犬種によっては飼い主が命を落とすこともある。

だから、動物と暮らす上では、正しい知識や勉強は必要だけど、

でも、何万ってお金払って、「○○ドッグズマンシップ」の講習を受けたり、訓練士に来てもらわないと犬は飼えない、なんてことはないですよね。

馬も同じなんですよ。


…何が言いたいかというと、馬のしつけも犬のしつけも基本は同じ、付き合い方も基本は同じということです(^^)

関連記事
page top
Copyright © 馬上の楽園. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。